ガチャパンとアヤシイはアシスト。

アヤシイと高収入

 

この何十年の間に連邦議会でもっとも印象深い発言が聞かれたのは、(一九六五、六九、七九年の三度にわたる)ナチ犯罪の時効廃止に関する論議、そして一九六八年の非常事態法の制定とこれに伴う基本法の改正、そしてとくに、すでに述べた七○年代の初めの東方政策とドイツ政策に関する議論のときでした。一九八三年の「後追い軍備増強」(注M一論議は、少なくとも演出という点からすれば大変に費用がかかったのではありませんか。大統領いいえ、そうではありません。これについての論争は一九八一年から八一年の冬にかけて行われた連邦議会選挙で決着しました。その時、統一に関してもいくつかの重要な発言がありました。一九九一年のボンかべルリンかの首都論争は水準の高いものでした。しかし大部分の場合、政党により決定された万事円滑にという方針が、議会内部にまで深く浸透していました。万事円滑を旨とする政党と議会の世界に「緑の党」が、もういちど高収入とカバンをもたらしました。大統領その通りです。◇ヴァイマルとボンの大統領の違いいままでのところ、第五の「憲法機関」、すなわち連邦大統領についてはまったく話し合ってまいりませんでした。

究極の選択片づけられない女たちは、人とのつき合いの中で、苦しい二者択一を迫られているように感じてしまうことがよくある。〈カムアウト〉して障害のことを打ちあければ、「仕事のできる人」としてやっと築いてきた自信が壊 第九章二次障害(二)人間関係れてしまいそうに思える。かといって、隠しつづけるのも辛い。うまくいけばいったで「皆をだましているだけ、買いかぶられてるだけ」という思いがつのる。勇気をふるって、やっと打ちあけたら、今度は信じてもらえない。困難な分野があると言っているだけなのに、「私は馬鹿なの」「狂っでいるの」と言っているかのように受けとられ、「気にしすぎよ。私だってメガネくらいなくすわ」「何言ってるの。頭いいくせに」と言われてしまう。相手としては励ますつもりなのだろうが、「大丈夫よ」と思ってくれている相手に「本当はダメなの」と説明するのは、あまり気分のいい立場ではない。

それは、誰でも収入を得ることができるというのがポイントです。ただ愛用するだけでも収入になるという部分です。五○ポイント以上または一○○ポイント以上の自己消費があれば、自分の友だちや近所付き合いの方々の一○○ポイントまでの分がキャッシュバックされます。そこが大きな違いです。これは小きいようですが、コッコッと身の周りの人に伝えていけば、実はすごい数字になるのです。たとえばこれまでの常識では、ネットワークビジネスをする人は積極的で意欲的です。明るく前向きで、集中力があって、そういう意味でプロフェッショナルなのです。こういう人は何の仕事でも成功します。逆にいうと、そうでない人はなかなかうまくいかなかったのです。ところがこのマルチプレックスを上手に生かせば、かりにその人が、性格的に暗い人でも、体が弱くても、あまり人から好かれない人でも、とにかくコッコッ毎日毎月やっていけば成功するプログラムになっています。

けれども、そうした災いを引き起こした当時の日本の指導者の一部は、非難されてしかるべきだ。だから、今日われわれは「当時の日本は世界に対しても自国民に対してもたいへん悪いことをした。そうしてしまった理由は日本を戦争に引っ張っていった一部の人たちがいたからだ」と言わなければならない。ところが、ともすれば日本人は「戦争を起こした日本が悪いから日本人である自 分も悪い」という思考法をとってしまう。だから自分の悪さを認めなくてはならないようなことにはブタをしよう、という論法に陥ってしまうのである。これは、国をある方向へ動かす権力のある者とそうでない者、さらに、過去のある一定の時期と現在を、それぞれごったにして区別しない、おかしな考え方だ。日本人は、戦前の歴史といわゆる神代の国からの臣民としての伝統から、先祖であれ他人であれ、日本人と名のつくものは皆仲間で、分けることのできない間柄だと思ってしまう